きのう見た花の名前を僕はもう知ってる。

きのう見た花の名前を僕はもう知ってる。
荒木田慧の詩集 生活の詩より
深夜の国道沿い
あるいてたら
フッ

なんかいい匂いして

ひきかえして
その匂い
さがした

なんか外国の
東南アジアの
シャンプーみたいな

そんな匂い

道の向かいに
大きなラブホテルがあって
そこから流れてくる
下水の
シャンプーの匂いかな
と思って
脇の側溝を
のぞいてみたりして
でも違うみたい

ちょっとさがしたら
みつけた
白い花

鼻を近づけて
くんくん
ああ
この匂い
すごくいい匂い

なんかちょっと
ジャスミンみたいな

植物をよく知らないし
花の匂いが苦手なんだけど
(とくにバラ)
この花
ものすごく
いい匂い
なんという花だろう

くらやみのなかの
白いちいさな花たち
写真にとって
薄明のなか
うちにかえって
しろい朝がきて
ともだちにおくった

このひとなら
この花の名前
わたしにおしえてくれる
そう思って

この花
めちゃくちゃいい匂いなんだけど
なんの花かわかる?

どれ?

(写真)

ジャスミンみたいな
外国のシャンプーみたいな匂い


ていかかずら
テイカカズラだよ


いや、まてまて
ハゴロモジャスミンかな


やっぱり
すぐにわかった

ともだちは
草花や木のしごと
しているひとで

わたしのこと
よく知っているひとで

わたしがだいぶ前
新宿西口の
英会話学校で
受付のおねーさんを
していたとき
生徒だったひとで

わたしに
これ、ケイちゃん好きだと思う
といって
榎本俊二の漫画
貸してくれたひとで

よく知らないひとの
貸してくれたそれは
わたしの読みたかったような
いい漫画だった

花の名前
やっぱり
このひとは
わたしにおしえてくれた

ていかかずら
テイカカズラだよ
いや、まてまて
ハゴロモジャスミンか

きのう見た
花の名前を
僕はもう知ってる。









2018年5月11日

他の生活の詩