屈辱

屈辱
荒木田慧の詩集 心の詩より
ちいさいとき
きんじょの やまの 古墳
絵をかく たいかい

わたしは そのやまの
ちかくに すんでて

すきな やまだったから

すきな 絵を かいたと思う

せんせいは
ともだちの おとうさんで
ともだちの 画家の おとうさんで

わたしが かいてる 絵

ちかくにきて みて

ここ もっと こうしたほうが いいよって

それきいて

わたしは

おこった!!!

ものすごく

おこった!!!

もう

かんかんで

たぶん

耳まで真っ赤で

絵 なんか

こんな 絵 なんか

もう かきたくない!!!

と思ったから

わたしは

絵 をかくの

やめて

うちにかえろうとしたけど

おかあさんが

ほかの おかあさんと

たちばなし してて

なかなか かえろうとしないので

わたしは

腹が立って

腹が立って

自分をめちゃくちゃに

傷つけたくなって

わたしのかぶっていた

むぎわらぼうし

たんぼのよこの

アスファルトに おいて

おかあさんの 自転車で

ひきつぶした

ああ

ああ

屈辱!!!!!









2018年5月18日

他の心の詩