春
荒木田慧の詩集 「心の詩」より
ゆびさきから発芽しそうな朝

腕のつけ根の心もとなさを
レンジフードの下で笑って

薄いパーカーの袖でも
だいたいの液体は拭えるので

側溝に吐いてから
ガードレールを跨いだ

うまくいくはずがない遊びだって
うまくいかなくていいんだって
わかってる人とだったら
きっと楽しいと思って









2019年2月23日

他の「心の詩」
© 2021 Kei Arakida