DISCRIMINATORY AFFECTION

DISCRIMINATORY AFFECTION
荒木田慧の詩集 社会の詩より
朝 コジキのおじいさんが
背中を丸めて歩いていた

私はコジキに興味をもったが
となりにコウボクの夫がいたので
またうるさく言われると思ってやめた

ハクチでキチガイの私が
ボウズの話を聞きながら絵を描いていたら
ハクチかチエオクレの小父さんがやってきて
一緒に昼飯を食べた


晴れた午後

雲のない空に

カタワでメクラのおしゃれなAや

ロンパリの美人のBや

ホモの優しいCや

ドジンの混血の可愛い異母妹や

チョンだったらしい写真のなかの曽祖母や

チャンコロの聡明なDや

レズの勇敢なEや

いろんな人の顔がうかんだので

ハクチでキチガイのバカな私は

暴力的な愛情を禁句で平してから

4月の空に投げ返した










2018年4月28日

他の社会の詩