ちょろいおんな

ちょろいおんな
荒木田慧の詩集 「心の詩」より
たぶんわたしは
桃太郎にでてくる
犬サルきじより
ちょろいおんなです

きびだんごとか
もらわなくても
声かけられたら
ついていっちゃいます

そのひとのなかになにか
ひかりをみて
それがきれいだとおもったら
ホイホイ
ついていっちゃいます

鬼退治であれ何であれ
銀行強盗であれ何であれ

わたしはそれで
ずいぶんと
とおいところまで
行きましたし

ずいぶんと
惨めな思いも
したような気がしますが

あなたが笑いかけてくれたら
わたしはそんなこと
ぜんぶ忘れちゃって

しっぽをぶんぶんふって
やっぱりあなたのあとを
ついていってしまいます

玄関のかぎは
外側につけたまま眠り

家にきた人は
なかに上げ
お茶をだし
話をします

それでちょっとこわい思いをして
でもそれを忘れて

それであぶない目にあっても
たぶんそれも忘れて

蛍光灯に焦がれる蛾みたいに
あなたの方へ飛んでいく

ばかでしあわせな
ちょろいおんなだと思います









2018年5月8日

他の「心の詩
この詩を読んだ人におすすめの詩
+ コメントする
© 2021 Kei Arakida