遊園地のボートのおじさん

遊園地のボートのおじさん
荒木田慧の詩集 ひとの詩より

おとうさんと
ゆうえんちにいった

あかるくてたのしい
はでな乗り物には
ひとがあつまってたけど

ボートはじみで
にんきがないから
ひとがこなくて
ひまそうで

ボートのかかりのおじさん
じぶんのとこだけ
ひとがこなくて
さみしくないかなと
かわいそうで

ボートにのりたいと
うそをついて
おとうさんと
ボートにのった

おとうさんは
ボートのおじさんは
お客がこないほうが
らくなんだよ
とわらったから

わたしは
そうなのかあ

おもった

わたしは
ボートのおじさんに
やさしくしたかったけど
逆に
めいわくかけちゃったかもしれない









2018年5月7日

他のひとの詩