穴
荒木田慧の詩集 「生活の詩」より
まちをあるき
ドアというドアを
たたいてまわり

はこというはこを
ひらいてまわり

うそといううそを
あばいてまわり

あなというあなを
のぞいてまわる

そんなあるひの午後 よじくらい
大通りから 少し入った 裏道で
おおきな あり が
ぞろぞろでてくる
直径1センチくらいの
あな をみつけた

わたしは
ひざを すこしまげ
上半身をかがめて
あなをのぞいた
そしたらなんと
むこうがわからも
わたしがこちらをみていた

どこかのあるひの午後 よじくらい
大通りから 少し入った 裏道の
パラレルなわたしに わたしは あう









2018年5月5日

他の「生活の詩
この詩を読んだ人におすすめの詩
+ コメントする
© 2021 Kei Arakida