花の名前図鑑 思い出の花達

このページでは私の好きな花の名前を解説していきます。

アヤメ

アヤメは1株500円くらいで販売されている。私が小学校の時校舎に植えてあったし、たまに道端にも自生していた。実際ヒオウギアヤメやのアヤメという野草種もあるらしい。 この紫の花は野草で見つければそれとは信じられないくらい栽培されている感がある。紫というのが昔高貴な身分な人しか扱えなかった時代があったというが、その色のせいだろうか。 名前の由来は花の中心から延びる筋が特徴的で、文目という言葉になり、それの読み方からアヤメがでてきたとされている。

ナス

実はナスにも花があります。とはいっても控え目な花である。これは庭に野菜などを育てているような人にはなじみのある花です。でも普通の人はあまりなじみがないかもしれません。ナス自体は濃い紫いろですがこの液が服につくと中々とれないのです。このような強い染色作用を利用してナスで染物なんかする人もいます。 きっとこの紫のナスの花でも綺麗な色に染めることができるでしょう。

アザレア

アザレアって花があります。実はあんまり見たことがありません。でも凄く馴染みがあります、変な感じです。というのもこの花、色々な音楽でよく歌にされるんです。アザレアの亡霊、とか、ヨルシカさんの歌詞の中で、アザレアが咲いているーとか凄くいいフレーズです。名前がいいんですね。 あとこのアザレアって花はとっても色々な色があって、白や赤やピンクなど、このせいで頭の中でえごっちゃになってしまうんですよね。でもっとっても艶やかな花です。

ヒナギク

これはヒナギクです。私にとってヒナギクはもっとも路上でよく咲いている野花のイメージです。学校へ行く途中よく見かけた花です。 この画像にあるような白い花で真ん中が黄色いものです。でも、ヒナギクはその見かけが赤やピンクなど色々な場合があるようでこのヒナギクのイメージが一概にヒナギクと呼ばれるものではないようです。基本的にはキクの一種で花びらの形状が仏壇に供えられているようなキクとどことなく似ていますね。