電話

電話
荒木田慧の詩集 心の詩より
「泣くようなことは何もないよ」

とあなたが言った

もう何もないから泣いてるんだよ、

と私は思って
でもそんなこと言えなかった

「泣いてるときに側にいなくてごめん」

とあなたが続けた

あなたが隣にいたらきっと私は泣けない、

と思った
思ったけどそれも言えなかった



「泣くようなことは何もないよ」

と私は言った

何もないはずないじゃない、
とあなたに言い返して欲しくて

「泣いてるときに側にいなくてごめん」

と私は続けた

受話器、置きたくなくて

私も泣いてるって
あなたに悟られたくなくて









2018年8月12日

他の心の詩