わたしは まちの へいたいさん

わたしは まちの へいたいさん
荒木田慧の詩集 生活の詩より
かわいくてやすっぽいぺらぺらでばかみたいなたけのみじかい

そういう
カーキのワンピース
かって きて
古着のドクターマーチン
くろい8ホールのやつ
はいて
たすきがけのホルスターには
ペンとメモとクレヨン

パステルカラーの
ミリタリキャップ
やわいあたまに
きりりと冠り

さあさあ
これからパトロール

まちの
へいわを
まもるのだ!

ないている ひとが いたら
やわらかなメモで なみだをふいてやり

おこっている ひとが いたら
フェルトのペンで
ぺんぺんたたいて おちつかせ

けんか している ひとが いたら
蜜ろうのクレヨンの虹でつなぎ

わらっているひとがいたら
そのひとのよこにいって
おなじものをみて
わらう

わたしはそんな へいたいさん

ばん!ばんばん!ばばん!

わるいやつらにゃ容赦しないぜ
ペン先から あつい 火が噴く

へいたいさん
へいたいさん
おつむのやらかい へいたいさん
こころもやらかい へいたいさん

かくして
このまち

今日も へいわは まもられた…









2018年5月25日

他の生活の詩