とられた と思った

とられた と思った
荒木田慧の詩集 ひとの詩より



貧しそうなあなたが
わたしのよこに座っていたとき

わたしは
わたしの大切にしていた
高価なものを
一瞬
どこかへやってしまい

その瞬間
あなたを疑った
あなたにとられた と思った

でも次の瞬間
それは
わたしのポケットから見つかったので
わたしはじぶんが
はずかしくなった

あなたは
わたしがあなたを疑うなどと
疑いもせず
一緒にそれを
探してくれたのに

貧しいのは
あなたじゃなく
わたし
わたしのほうでした









2018年5月22日

他のひとの詩