男
荒木田慧の詩集 「恋愛の詩」より

やわらかくて
穴があいていれば
あなたは何でもいいのですか と

わたしがそう聞いたら

そいつは

ああそうだ と

答えたので

わたしは頭にきて

サンダルをつっかけて

夕暮れの駅前まで走って戻り

ミスタードーナツの

フレンチクルーラーを

1ダースほど

投げつけてやりました


1,296円寄越せよ!!!









2018年5月16日

他の「恋愛の詩」
© 2021 Kei Arakida