fragments

fragments
荒木田慧の詩集 「心の詩」より
わたしはわたしが粉々になるたび
じめんに這いつくばって
わたしの破片をひろいあつめ
あかるいところでそれをひろげ
どうにかこうにかもう一度
わたしをつくろうとするのですが

わたしはめがわるいので
いつも
まちがえたピースを
まちがえたところにはめてしまい
できあがったわたしのてのひらに
あまったちいさな破片がひとつ

なんどつくりなおしても
すこしおかしな
なにかたりない
わたしです










2018年5月9日

他の「心の詩」
© 2021 Kei Arakida