祈り

祈り
荒木田慧の詩集 「生活の詩」より
またねといって
手をふって
わかれて

あしたまた
あなたにあえることを

うたがいもしない

それはある種の
祈りで

だって

さよならといって
わかれたら

あしたは
もう
あなたにあえないような気がする









2018年5月6日

他の「生活の詩
この詩を読んだ人におすすめの詩
+ コメントする
© 2021 Kei Arakida