君がAと言うので

君がAと言うので
荒木田慧の詩集 ひとの詩より
君がAと言うので
私もAと応えた

君がBかと聞くので
私もBだと答えた

ある


君はそれをCだと言ったが
私には それがCだとは 到底思えなかった

私はおもいきって
そう伝えた
率直に伝えた
君のことが すきだったから
本当に すきだったから

そ れ か


君はDとだけ遺して
私の前からいなくなり
私はそのDを
後生大事に抱えることになった

君はいなくなり
Dだけが残り

あ の
と き

君が言ったように
私にも それがCだと思えれば
それか せめて
私もCだと思う と
でまかせでも吐いていれば

そうすれば
君は

今も 私の
横に いたのに


私は いまだに かんがえている









2018年5月6日

他のひとの詩