hermaphroditism

hermaphroditism
荒木田慧の詩集 「心の詩」より
その男の中に

深く傷ついた子供をみたので

私はその男のそばにいって

なにもいわないで

一晩中

肩を抱いてやりたいとおもった

でもそうするには

その男のペニスと

私の乳房が

とてもじゃまだった


私はもどかしい


生まれ変わったら私は

カタツムリとか
ナメクジとか
ウミウシになりたい

性別がなくて
誰の肩でも
気軽に抱いてやれるような
そういう
生き物になりたい










2018年5月3日

他の「心の詩
この詩を読んだ人におすすめの詩
+ コメントする
© 2021 Kei Arakida