みんなだれかのおかあさん

みんなだれかのおかあさん
荒木田慧の詩集 社会の詩より
ちいさな こ には

まちをゆくおんなのひと

みんな おかあさんにみえる

あのひとは だれの おかあさんかな

あのひとの おかあさんは どこにいるんだろう


まちに しずかな あめ がふった

つぎのあさ

おてらのまえの

おじぞうさまの

あめつゆにぬれた やさしいかおを

おばあちゃんは きれいに

ふいてあげました

おじぞうさまが

おかあさんに

にていたから


それをみていた

だいくさんは

つぎのひ

おじぞうさまに りっぱな

やねをたててあげました

おばあちゃんが

おかあさんに

にていたから






"Every woman is someone's mother"



To the little children

Every woman going by

Looks like someone's mother

"Whose mother is she?"

"Where's her mother?"


There were gentle rain showers on the town

Next morning

In front of the temple

An old woman wiped

A calm stone face of the Jizo

Which is wet by rain and dew

Because the Jizo

Looks like her mother


A carpenter saw that

The day after that

He made a good roof for the jizo

Because the old woman

Looks like his mother



*jizo;the guardian deity of children









2018年5月3日

他の社会の詩