段ボールの日

段ボールの日
荒木田慧の詩集 「生活の詩」より
ゴミ捨て場で
私の生活と
知らない誰かの生活が
ミルフイユになる

その重なりをうつしたくて
ゴミ捨て場に戻ったら
私たちの生活のレイヤーは
既にだれかに持ち去られていた

ごみセンターで
その熱量は
何キロカロリーあるだろう









2018年4月27日

他の「生活の詩
この詩を読んだ人におすすめの詩
+ コメントする
© 2021 Kei Arakida