トクベツ

トクベツ


最初の日 ある人がやってきて

特別なひとになれ

といった

特別な人になりたいと私は願った


次の日 べつのある人がやってきて

自分だけが特別だなんて思ってはいけない

といった

自分だけが特別だなんて思ってはいけないと私は戒めた


その次の日 またべつのある人がやってきて

特別なにんげんなどいない

といった

特別な人間などどこにもいないのかもしれないと私は泣いた

(にんげんはおのおの特別なのだと
私はうすうす判っていたから)

それからだれもいなくなり

私はだれにも会えなくなった









2018年4月26日
生活の詩より