約束

約束
荒木田慧の詩集 生活の詩より
自分で自分にきめた約束を
またやぶってしまった

窓ぎわに豚が座っている
ばかみたいに両手足をなげ出して

母が形見にとくれた豚で
この前うちにきたとき
母はそれをみて
日焼けしてしまうよ
と言ったが
私はいっそ
焼き豚になればいいと思う

でも今日は曇りで雨で
いつまでたっても豚は焦げず
外はグレーで
約束は反故で
私はほとんど息ができない









2018年4月25日

他の生活の詩