今日も朝から怒られた

今日も朝から怒られた
荒木田慧の詩集 「生活の詩」より
きのう

私が道でうたうので
道でうたってはいけないと
あなたは怒りました

どうしてそれがいけないのか
私はわかりませんでしたが
あなたが悲しそうだったので
うたうのをやめました

でもほんとうは私
道でうたいたいのです

けさ

私が早くからうたうので
朝にうたってはいけない
とあなたは怒りました

どうしてそれがいけないのか
私はわかりませんでしたが
あなたが悲しそうだったので
うたうのをやめました

でもほんとうは私
朝にうたいたいのです

あした

朝になったら

私はやっぱり道にでて

うたおうと思います

あなたのいないとき
あなたにかくれて









2018年4月24日

他の「生活の詩
この詩を読んだ人におすすめの詩
+ コメントする
© 2021 Kei Arakida