つばめと私

つばめと私
荒木田慧の詩集 「心の詩」より
「そんなことはね」
とつばめが言った

「到底ゆるされるようなことではないよ」

私はつばめにゆるされたいと思った

それからふと

だれにもゆるされる必要なんてないのじゃない、と思い直して

「でも」

と言いかけたその瞬間

つばめは細いミミズをスパゲティみたいに嘴にくわえ

四月に飛んで行ってしまったので

私はまた

ゆるされたいと思ってしまった









2018年4月22日

他の「心の詩
この詩を読んだ人におすすめの詩
✐ 感想を書く
© 2021 Kei Arakida