お前とはここまでだ

お前とはここまでだ
荒木田慧の詩集 生活の詩より



あなたと同じ部屋に
同じ時間を過ごしながら
同じ映画をみないので
あなたは怒りました

昨日ツタヤで借りたDVD
・エイリアンの新しいやつ
・NTRもののAV
・スタジオジブリのアニメ映画

どれも今は私
みたくないのです

同じ部屋で同じ時間を過ごしながら
めいめいに違うことをするのが
私はらくで好きなのですが
あなたはどうやら違うようなのですね

馬鹿な私はいつも気づかず
気づいても自分の欲求を優先するので
あなたの機嫌を損ねてしまいます

いつか
私が気が触れて
いよいよあなたの手に負えなくなったら
いつでも捨ててほしい

そんなふうに
言いましたが
あなたにはそんなことできないのかもしれません

この意気地無し

自分でゴミ袋に入るから
どうかどうか
あした月曜日
収集場まで
出しに行ってくれないか

さよなら

と言って玄関に出て
振り返ったら
トイレのドアから中指が立っていた

(あるいは「ファック」という声が聞こえたのかもしれない)

冷めたコーヒーを
ポットとふたつのカップから集めて
プラスチックの水筒に入れたのを振り
セブンイレブンで
クリームパンが4つ入ったのを買う

(150円持って出たのに
50円玉を持て余してしまった)

芝に来て
うさぎが泣いているスタンプを送り
その5分後
ごめんね

白々しい文字を送る

返事はまだこないが
充電が切れたら
うちに帰るしかない











2018年4月22日

他の生活の詩