あたらしい街に越したのに

あたらしい街に越したのに
荒木田慧の詩集 「生活の詩」より
あたらしい街に越したのに
郵便受けに君宛ての手紙

どうやらこのアパートは
以前に君が住んでた部屋だ

君はとおくへ行ってしまったので
ぼくは誰かから来た君宛ての手紙を
そっと潰してゴミ箱に捨てた









2018年4月20日

他の「生活の詩
この詩を読んだ人におすすめの詩
+ コメントする
© 2021 Kei Arakida