まちがってたい

まちがってたい
荒木田慧の詩集 心の詩より



わたしはいつでも
まちがってたい

正しさなんか
握ってたって

押し付けて
ふりかざして

誰彼とがめて
責めたくなって

そんなん持ってたって
どうせろくなことないから

わたしは誰より
まちがってたい

そんなんじゃだめだよって
いつか痛い目みるよって
親切なふりした
臆病なやつらに
いわれてたい

そんでやっぱりだめになって
メチャクチャ痛い目みて
やっぱりねって嗤われて
それでもへらへらわらってたい

だめで痛いまんま
土砂降りのアスファルトに
ころんでたい

あーまちがっちゃったなって
アホみたいな顔して









2018年7月9日

他の心の詩